2014年08月28日

夏休み

8月25日に夏休みを取って、23〜25日の3日間、車でプチ旅行をしてきました。
 
1日目は黒部峡谷と魚津の埋没林記念館、2日目は午前中に立山黒部
アルペンルート(富山側)に行き、午後は糸魚川から松本へ糸魚川街道
(塩の道)を通って松本へ抜け、3日目は松本城、旧開智小学校、安曇野
を廻ってきました。
  旅行先で、魚津の埋没林博物館と旧開智小学校が特に印象に残りました。
  魚津の埋没林博物館は、「宇奈月に行くなら魚津の埋没林を見てきたら
いいよ。」と勧められて出かけたのですが、古代杉の大きさにびっくりする
とともに、海に沈んだままの姿で保存されていることに感動しました。

  旧開智小学校では、建物の美しさはもちろんですが、残されている資料
の多さにおどろきました。昔の写真がたくさん展示してありましたが、
子守奉公に出された子供たちに授業をするとか芸者学級を設置するとか、
その教育の先進性に、さすがは教育県の長野県だと、感心させられました。

  今年の夏はどこの地方も天候が不順だということで、1日目の黒部峡谷は
晴れていたのですが、2日目の立山室堂では突然雨が降ってきて、立山連峰
の頂が見えないのが残念でした。
安曇野でも、観光している間は曇りから晴れの天気でしたが、山の頂の
あたりは雲に隠れて見えませんでした。

  たった3日の命の洗濯でしたが、戻ってみればまた仕事の毎日です。
来年の休みを楽しみに、がんばるぞー!
posted by 社労士kawada at 18:05| Comment(0) | 日記