2018年05月12日

両立支援コーディネーター研修

今日は、平成30年度両立支援コーディネーター基礎研修(於東京)に
出席してきました。
 本研修は、医療機関に勤務する医療従事者(医師、看護師、ソーシャル
ワーカー等)、企業の人事労務担当者、社労士など,治療と就労の両立支援に
かかわる担当者を対象に独立行政法人労働者健康安全機構が行う研修です。

 私は、医療労務コンサルタントとして、医療従事者の勤務環境の整備に
力を入れていると同時に、患者の両立支援にも取り組んでいきたいと思って
いるので、この研修に参加しました。
 
 研修の内容は、がんや糖尿病などの治療を行いながら、就業を継続
していきたいと思っている患者の方の悩みにどう対応し、支援していった
らよいかというテーマについて、労働関係法令、コミュニケーションスキル、
両立支援における利用可能な制度や福祉資源、基本的な医療に関する知識等
幅広い分野について学びました。
また、がん経験者による当事者談話などをお聞きしながら自分自身で考え、
グループワークで問題点や支援方法を話し合いました。
 今回の研修は、病院の関係者や企業の人事労務担当者など様々な立場の
人が参加しておられたので、グループワークでは、それぞれの立場からの意見や
課題提起などがあり、大変参考になりました。

 今後、医療関係者の方たちと協力しながら、会社の労務管理のコンサルタント
としての立場から、患者の方の支援に本研修の成果が活かせたらと思います。

posted by 社労士kawada at 21:20| Comment(0) | 医療・介護について