2017年11月12日

金沢で研修(北陸三県女性社労士懇話会)

 10日は毎年オブザーバー参加させていただいている北陸三県
女性社労士懇話会へ出席しました。
 今年は、主催県の石川県のお計らいにより金沢市で開催されました。
石川、富山、福井の三県の女性社労士の方が回り持ちで、その時々の
法律改正や政策に沿った研修テーマの計画を立て、そのテーマにふさ
わしい講師の方をお呼びしてくださいます。
今年は、東京の松山純子先生の「障害年金の請求」についての研修
でした。
 政府の「働き方改革」でも、がんや難病にかかった人が治療しながら
就労を継続するのを支援する取組みが叫ばれているので、大変時宜に
かなったテーマだったと思います。
 松山先生は、特に障害年金に力を入れて取り組んでおられて、
豊富な事例を基に説明されたので、私たち社労士が障害年金を請求
する際の参考になりました。
 その後の懇親会でも、障害年金のほか、社労士が直面する様々な
問題について、和気あいあいとした中にも真剣に話し合いを重ね、
大変有意義な時間を過ごしました。
 もう何年もこの会に参加させていただいているので、各県の社労士
の方々ともすっかり親しくなり、毎年の交流が楽しみとなっています。
 翌11日午前中は、石川県会の皆様に金沢城と兼六園を案内して
いただき、来年の福井での再会を約束してお別れしました。


posted by 社労士kawada at 20:31| Comment(0) | お仕事日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: