2018年02月06日

医療勤務環境改善マネジメントセミナー

 2月1日(土)に鞄本能率協会総合研究所が厚生労働省の
委託事業として行っている「医療勤務環境改善マネジメント
システム普及促進セミナー」に参加してきました。
 このセミナーは、医療機関の管理者等が、PCDAサイクルに
より計画的に医療従事者の勤務環境改善に取り組む仕組み(医療
システムマネジメントシステム)の普及促進を図るためのセミナー
で、受講者は病院、医療機関の事務部門の方が多勢でした。
雇用環境の改善に取り組んだ病院の事例発表もありました。

私は、医療・介護 の労務コンサルタントの研修等にたびたび出席
していますが、社会保険労務士向けのセミナーや、社会保険労務士が
講師のセミナーは、とかく法律論や原則論になりがちです。
今回のセミナーで事例発表をされた管理者の方々からは、病院の
労務管理の実務をされている立場からの本音や、問題提起等があり
ました。
 医療や介護の現場は、多くの専門職種、多様な働き方の職員が
混在している点で、雇用管理が複雑になっていますが、今回の
セミナーでは、その解決方法の一端がうかがえて、大変参考に
なりました。

posted by 社労士kawada at 17:50| Comment(0) | 医療・介護について

2017年11月02日

今日も研修

昨日に続き、今日も日本看護協会の「看護師の賃金モデル
導入支援者研修」を受講しました。
人事制度と評価について、グループワークで役割定義や評価の
仕方等について学びました。
また、架空のモデルケースについて、その問題点を話し合い、
人事評価の仕方とそのフィードバックについて、ロールプレイ
をしながらコーチングの手法を学んだりしました。
自分たちで問題点を見つけ、一応の回答まで導き出すという
大変ハードな研修でしたが、病院関係者にとっては、職場の
給与制度を改定するための参考になったことでしょうし、我々
社会保険労務士にとっては、病院に対するコンサルをする
上での参考になりました。
特に病院の管理部門の方と一緒にグループ研修を受けたことで
いま、病院が、看護師の処遇と定着について抱えている問題点
を知ることができたのは、収穫でした。
 今後の仕事に活かすことができると確信しています。
posted by 社労士kawada at 20:21| Comment(0) | 医療・介護について

2017年08月04日

医療労務コンサルタント研修

昨日、8月3日、全国社会保険労務士会連合会の医療労務コンサルタント
フォローアップ研修を受講しました。
 雇用形態、労働時間が特殊な医療業界に対してアドバイスできるプロを
目指す社労士をフォローアップするためのセミナーです。
 東京会場のため、主に関東甲信越の社労士が受講するのですが、中には沖縄
や青森といった遠方からの参加者もおられました。
 午前10時から午後5時まで、かなりハードなスケジュールでした。
 講師の方は、病院・クリニックに特化して事務所を経営している2名の
社労士の先生です。
 私は、特定の業種や業務に特化しているわけではありませんが、医療機関や
介護事業所が顧問先にかなりあるので、よりよいアドバイスができるように
受講したものです。
 講師のお二人は、たくさんの事例を扱っておられるので、医療機関の
労務管理の問題点や、どういうアプローチの仕方でアドバイスしたら
よいのかについて、貴重なお話を聴かせていただき、大変参考になりました。
 この受講で得たことを顧問先の今後の支援に生かしたいと思います。
posted by 社労士kawada at 18:27| Comment(0) | 医療・介護について