2016年09月11日

年金相談 マインバーの取扱

本日9月11日は年金相談で神栖市へ。
朝、雨が激しく降る中、利根川の堤防下の道(裏道)を
車で向かいました。

 昨年10月1日から共済年金と共済年金の一元化が行われ、
厚生年金、共済年金の両方に加入歴のある方の年金相談の
対応の仕方が変わりました。
厚生年金と共済年金の一元化に伴って、マイナンバーひとつ
取ってみても、年金請求を受ける側の年金事務所や共済組合が
具体的にどのような取扱いをするのか、昨年の10月時点では
決まっていない場合もあり、制度改正から間もない時期の年金
相談では本当に困りました。
 一元化からほぼ1年たってようやく取扱いについて定まって
きたので説明もしやすくなりました。
 女性の場合は、厚生年金と共済年金の支給開始年齢が異なる
ので、最初は厚生年金の説明をすればよいのですが、男性の
場合、厚生年金と共生年金の支給開始年齢が同時期になるので
両方の説明をしなくてはなりません。
 年金請求書に共済はマイナンバー(個人番号)を記載すること
になっていますが、厚生年金の場合は、住民票コードを記載する
ことになっています。
本来は住民票コードからマイナンバーへ切替るはずだった
のですが、日本年金機構の情報漏れ事件によりこの安全性が
確認されるまでの間、マイナンバーへの切替が見合されて
いるわけです。
 相談者の方が、数か月のうちに年金請求をなさる場合はよいの
のですが、まだ年金受給年齢に達しておらず、来年以降に受給
年齢が到達する場合、住民票コードの説明をすべきかマイナンバー
の説明をすべきか困ってしまいます。結局両方を説明することに
なるので、相談者の方も理解されたのかどうか不安です。
 
posted by 社労士kawada at 20:53| Comment(0) | 年金について